家庭用電気脱毛器のデメリットは?

家庭用の電気脱毛器を使用したデメリットは?というと、「時間がかかる」「わりとランニングコストがかかる」というようなものが挙げられますよね。

これって買う前から想像が付きそうなものですが、買って使ってみないとわからないというものもあるようです。

例えば、これは光脱毛でも機種によってはあることのようですが、産毛などのようなものに使ったとき、かえって産毛が元気になったり太くなったりすることがあるのです。

産毛の剛毛化や硬毛化というようですが、あと一歩の力がないと「毛が抵抗できる」からなのでしょうか。

頑張ってしまうんでしょうね。

使うときには続けざまに(2週間に1度など)使うほうがいいようだと書いてありました。

やはり剛毛化などを避けたいならば、一気に強い光をあてることが必要なのでしょうか。

これも家庭用脱毛器を使うならば「マメな人でないと良くない」と言われる所以のひとつかもしれません。

日本人にあったものでないといけない

アメリカで大ヒットしたという脱毛器がありますが、この家庭用脱毛器だと「ヒリヒリして駄目だった」という声が書いてあるものをよく目にします。

このような家庭用脱毛器はやはり海外の毛色の薄い人のために設定してあるかも知れませんし、肌の質自体も日本人とが違うことが考えられますよね。

どちらがいいとかはいえませんが、「仕様が違う」ということは言えるのかもしれません。

化粧品などでも、「日本人の肌に合うように」などと言っているときがありますが、それだけ違うものなのでしょう。

ちょっとナーバスの考えたほうがいいでしょうね。

背中の毛のような細かいものには効かないし、何度も繰り返さないと目にみえる効果というのは感じにくいとも聞いています。

ただ膝下やワキの下の脱毛には、かなり便利の良いもののようです。

キレイに脱毛できるし、ワキのように範囲が小さければ手軽に出来ますよね。

メーケーによってずいぶんと性能差もあるようですので、クチコミのサイトなどを参考にするというのは有効のようです。

実際に買った人の使用感というのは、辛辣な意見というものが多いですよ。

損得なしに書きこんでくれているので、役に立つという印象を受けます。