子供のムダ毛に悩み【1】

ムダ毛の悩みなどを発言小町などでみんなに聞いている中学生や高校生の女の子、男の子がいます。

ムダ毛で悩んでいる子たちが多いでしょうから、ネットなどでそれを見れば、少しは気持ちが軽くなるでしょう。

悩んでいても、ほんとに毛が薄くなるわけでもないので、参考にしてみるといいのではないかと思います。

中学一年生の女の子が、学校で毛深いことから「カラス」と呼ばれているようです。

その訴えが切実で、本当にかわいそうです。

カミソリでこっそり切っていたので、プールの時にひりひりしてすごく痛いと。

そして赤くなって来てしまったそうです。

ただ「カラス」なんて呼ばれるとまた気にして、カミソリの処理を続けます。

とうとう肌荒れに親が気がつくほどになり、「もうカミソリを使ってはいけない」と言われたようです。

永久脱毛をしたくても、お金が子供だからない。

カラスと呼ばれないためのムダ毛の処理方法がないだろうかという質問でした。

みんながその時のことを覚えている

その質問に対して、大人の女性たちが回答していました。

みな幼い頃に毛深かったことを気にして、悩んでいた大人たちです。

大変に優しい言葉使いで回答していました。

ほとんどの女性が「永久脱毛」や「レーザー脱毛」「光脱毛」で、ムダ毛から解放されているようです。

しかし子供の時にはそれが出来なかったので、その悩みの切実さが判るのでしょう。

ただし「カミソリの処理は絶対にやめようね」ということを、お話ししていました。

カミソリ脱毛で黒ずんでくること、あとのケアをしていないとますます肌トラブルになること。

また「大人になれば光脱毛などができるから、それまでの楽しみにして、いまは親御さんに理解してもらえる陶にちゃんと話してみよう」とアドバイスしていました。

みんな思春期を過ぎないとまた毛が生えてくる可能性があるので、今の時点で光脱毛をすることは辞めたほうがいいということを前提にしていました。

みんなカミソリの処理をして、失敗した経緯を持っているのです。

そして「いいアドバイスが得られるといいね」と言っている人もいました。

悩んだいた子供の頃を思い出しているのでしょう。